忍者ブログ
ゲームなどの男女カップリングの話がほとんどです…(笑)
<-  41  40  39  38  37  36  35  34  33  32  31  ->
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

緋色の開発ブログが終わってしまいましたね。 あう~残念。 いよいよ本格的に次回作の制作に入ったんでしょうか。 次回作の発売時期が近づいてきたら、また始まりそうな予感もしますが。

ブログは終わっちゃったし、公式サイトの更新もなくなってきたし、これから緋色関連の音沙汰なさそうだな~・・・。 しばらくはストーリーブックや小説、画集を楽しみに過ごすしかなさそうですね・・・しょぼん。 新作の発表はまだ先だと思うし・・・まして完成なんてかなり先だろうな。 続編なら1年、ファンディスク第2弾なら半年くらいかなぁ? いずれにしても遠い先の話ですねー うーん、いよいよ私の中の緋色ブームも収まってくる頃かもしれませんな。

この音沙汰のない寂しい時期にこそ、ドラマCDが出てくれるといいのになー・・・(しつこい) そうそう!もうすぐ賛同者100人達成しそうなんですよ、ドラマCD化計画! あの知る人ぞ知る掲示板によく100人も集まったもんです・・・感慨深い・・・ ひとえに緋色を愛する皆様方のおかげです。 この企画に付き合ってくださって本当にありがとうございました・・・!!

次の目標は200人ですね♪ ゆっくりですが着実に人が集まっているので、時間をかければきっとたくさんの方が集まると思います。 緋色の人気がすごく高まってるみたいですからね^^

・・・ドラマCD化計画、緋色の公式サイトでやっていただければ、短期間にものすごい勢いで賛同者が集まると思うんですけどねー・・・; なんて卑屈なことを最近考えてしまうわけです。 だってその方が、一個人の私が知名度の低い個人サイトであくせく頑張ってるよりも効果的だし、手っ取り早いし。 個人サイトの限界を感じます・・・・・・なんか切ない。

「たのみこむ」では、たくさん賛同者が集まった発案には、「たのみこむ」のスタッフがその会社に直接掛け合ってくださるんですよね。 それで交渉が成立すると仮予約が始まって、予約が一定数溜まると商品化するわけです。 逆転裁判のサントラはそれで商品化しました。 ドラマCD化計画、「たのみこむ」を利用させていただいてもいいんですが、「たのみこむ」は賛同の書き込みをするのに会員登録が必要なんです。 無料とはいえ登録作業はちょっと面倒ですから、きっと敬遠される方も多いと思ってやめました。

「たのみこむ」の方が知名度は高いんですけどね。 「つくってちょんまげ」の方が実現可能性が高いかなとも思いましたし。 なにせ緋色を作っているアイディアファクトリーさんの公式サイトですからね~。 でもなぁ・・・。「つくってちょんまげ」は更新少ないし、あんまり活用されてない感じがするんですよね・・・(滝汗) そもそも会社の方は、商品発案掲示板をちゃんとチェックしてくださっているのかな。 最近は緋色関連の発案が活発なんだけどな~。(多分原因は私にあると思うが)

「ガイドブックが発売してから考える」と以前日記に書いた「同じキャラで緋色の欠片2計画(仮)」ですが。 どうすりゃいいんだろう・・・; 次回作の開発がはじまってるというのが問題です。 もし同じキャラで続編を制作してるなら、この計画はいらんお世話ですよね。 新キャラで続編を制作してるとしても、開発はもうはじまってるから、賛同者がたくさん集まったとしても今さら変更できないかもしれない。 うううううううううううう。

というわけで・・・同じキャラで続編をやりたい!とこっそり主張しつつ、次回作の発表を待とうと思います。 題して、緋色の欠片続編主張!! あくまで控えめに主張しつつ、あわよくば実現を願う。そんなサイトです。 実はサイトを作るつもりはなかったんです・・・ ただ緋色のアイコンが作りたかっただけといえばそうです(オイ!) どうしてもあのチビキャラの慎司君と狗谷君がにらみ合ってる図を再現したかった・・・!! ・・・私が同盟作るときって、きっかけがアイコンだったりすることが多いです・・・;

もちろん理由はアイコン作りたさだけではなく。 あの提案の賛同者が増えるだけで、なんだかすごく嬉しい気持ちになるからというのもあります^^ 自分と同じ考えの方がいるんだな~って。 なので実現する可能性があるかどうかは関係なく、賛同する発案には気軽にどんどん書き込みをすることをオススメします♪ 自分の意見を制作者側に伝えられるせっかくのチャンスなので、私は自分の超個人的願望を書き綴ってますよ(うわあ・・・) 攻略対象キャラ視点の章とか、デフォルト珠紀呼びとか、まだ諦めてないらしい。しつこいね。 「蛇のようにずる賢く」が家訓です。

PR
PREV  HOME  NEXT
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
Powered by 忍者ブログ & [PR]