忍者ブログ
ゲームなどの男女カップリングの話がほとんどです…(笑)
<-  140  139  138  137  136  135  134  133  132  131  130  ->
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

さっそくプレイしました。 ボリューム満点なのでコンプリートするにはまだ時間がかかりそうですが、全員のtrueエンディングと龍さんのbestエンディングは見ました。 ちなみに京吾だけエンディング、イベント、スチル、すべてコンプリートしました(笑) うん、当初の予想通り天音くんが好きです。 京吾>龍>武藤>朝生 かな。 といっても、ダントツぶっちぎりで京吾×沙紀が好きで、後の人はカップリングとしてというよりキャラクターとして好感を持っている感じですかね。 特に龍さんはほんとに可愛い。乙女ゲームの中でもかなり魅力的なキャラクターだと思います。 武藤先生はとにかく面白い(笑)この人もいい感じにキャラ立ってますよね。 朝生さんはなんか意外にいい人だなぁと、恋愛関係なく素直に好感を持ってしまいました(笑) とりあえず感想をいうと。 エロい。 エロいが、エロいシーンは、じきに慣れる。(私でさえ) 根底にあるのは純愛なので問題ないかなと。 ただやはりストーリーのありきたり感は否めないです。 ベタはベタなりにもうちょっとイベントを面白くしてほしかったかな~と。 いまいち面白みのない短いイベントが、脈絡なく続いていく感じがしました。 イベント一つ一つが、「え、これで終わり?」と思ってしまうくらい盛り上がりもオチもない未消化なものばかりで。 しかも一つ一つに関連性がなく、この物語がどこへ向かっていくのかわからず不安になりました。 キャラ個別ルートに入ると、ちゃんと連続性のあるシナリオになるんですけどね。 ただコミカルなノリは嫌いではないです。というかむしろ好き。 やはり少女マンガを読んでいるような感じ。 主人公も乙女ゲームや少女マンガの典型的な主人公、って感じの性格です。私は好きかな。 ビジュアルも非常に好みです。 乙女ゲーム全般の中ではわからないけど、18禁乙女ゲームの中では一番好きな作品だと思います。(これ以外の18禁ゲームやったことないけど。笑) 多分18禁ゲームはもうやらないと思います。 仁義なき乙女が気に入らなかったというわけではなく、多分このゲームが一番エロくない18禁だと思うので… よほど気になる作品が出てこない限りは、もうやらないでしょう。 あ、でも仁義なき乙女のファンディスクは買います(断言) 京吾×沙紀のために…!! 京吾×沙紀好きですよ~~。 ちゃんとお互いに惹かれる理由もわかるし。両思いになるまでがちゃんと描かれていて。 私の中でナンバーワンカップリングであるイザン×晶乃は超えられないけど、かなり上位のカップリングだと思います。 …でもファンディスクであれ以上何をするというんだろう…。もう満腹なんですけども。 エロいシーンより萌えるシーンを増やして欲しいなー。 さて。ネタバレな上、18禁ですので感想はこちらに。

やはり一人で二度おいしいのって良いですね(何)
自律機動戦車イヅナのイザンくんもそうでしたが、京吾くんも猫かぶってるときと素のときの両方楽しめてよいです。
しかも彼もめちゃくちゃ強いし。(なかなかその強さを披露してくれなかったけど)
強い男には惹かれちゃいますよね・・・

思ったとおり、管理人どツボ設定だけあって、京吾君よかったです~^^
素のときはどんなに冷徹な性格をしてるんだろうと思ったら、意外に優しくて、それもまた良かった(あっそ)
ギャップ効果はすごいね。

素のときの立ち絵は、最初はかなりビビリますね。
あまりの目つきの悪さに(爆)
人って性格でここまで人相変わりますか。そですか…
猫かぶってるときは、がんばって限界まで目を見開いてるんだろうなぁ…


心配してたエロいシーンですが、京吾くんに関していえば、着衣が多かったのでそんなでもなかったです。
ただ一枚だけ全裸のがあって、それはなくても良かったなーと私は思いました。
やっぱり女性の裸はなんかやらしいわー。裸ってだけで、エロさが格段に変わるね!

アレのシーンはどのキャラもとっても長く詳しくやってくれますが、まぁ…慣れます。
全キャラ攻略してその手のシーンを見まくったので、さすがになれました。
人間どんなことにも慣れるもんだねーと実感したです。
おかげで要らぬ知識までつきましたが(爆)、ま、免疫ができてこれはこれでよかったです(笑)
これからどんなエロいものを見ても平気そう。少女コミックも平気で読めそうだ。(どんだけ)


さて、仁義なき乙女の特徴として、エンディングが多彩なことが挙げられます。
一人につき複数のエンディングがあって、どれもそれなりのボリュームがあるのでやりごたえがあります。
trueエンディングと呼ばれる、キャラの抱えた過去を乗り越えて結ばれるエンディングから、エロいシーンが一切ない、まさしく少女マンガのような超純情なエンディング、三角関係な状態から一人を選ぶエンディングまで、本当に多彩です。
バッドエンドもありますが、これはほんとに「失敗」って感じの短いエンディングなので、コンプリート目当て以外の方は見なくてもいいと思います。
自分のお気に入りのエンディングを見つけて、それを自分の本当のエンディングだと思えるところがうれしいですね。

京吾くんのエンディングはすべて見ましたが、どれも捨てがたいんですよね~(笑)
一番好きなのはやはりtrueエンディングですが、超純愛エンディングも捨てがたい…
この場合、沙紀の前で猫をかぶり続けるんですが、それもまた純情カップルで可愛いんですよね~!
一生猫かぶり続けるのかとか、疑問は尽きないですが(笑)
まぁどっちかといえば素のときの京吾くんの方が好きですが、猫かぶってる京吾くんも好きなんですよ。
優しくていつもそばにいてくれて。緋色の慎司くんみたいな感じですね。
ホントに一粒で二度おいしいよ…!
PR
PREV  HOME  NEXT
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
Powered by 忍者ブログ & [PR]