忍者ブログ
ゲームなどの男女カップリングの話がほとんどです…(笑)
<-  1  2  3  4  5  6  7  8  ->
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最近、いっそのことマイナー(乙女)ゲームを極めようかなと思っています、月子です(笑)

シナリオが良いのに日の目を見れない、隠れた名作的なゲームにばかりはまっているような気がして…
だったらいっそ、その筋行っちゃおうかなと。
そういうゲームを発見できると嬉しいんですよね~。

それに、自分好みの作品は隠れた名作に多い気がする。
ビジュアルが良いとか、糖度が高いとか、そういうわかりやすいものよりも、シナリオに魅力があるような作品。

というわけで、シナリオの評判が良い「ソラユメ ポータブル」をプレイしてみました!

シナリオだけじゃなくシステムも評判どおり快適!
次の選択肢に飛べるシステム、イヅナ以外で初めて見ました~!便利で大好きです、このシステム♪

選択肢もとても豊富で、攻略もなかなか難しいです(攻略見ながらやったけど…)
キャラ別のストーリーも金太郎飴な感じはまったくなく、独自の展開で、飽きずに楽しめます。
文句なしに、丁寧に作られた良作ですね!

ただ個人的には、延々と繰り返される日常がちょっと…退屈だったかな?
繰り返される平凡な日常、田舎町での優しく穏やかな時間…そこがこの作品のウリなんですけどね。
割と、息もつかせぬハードでドラマチックな非日常を好む管理人には、少し退屈だったみたいです(笑)

朝起きて、ルーエンと朝食食べて、友達と一緒に学校行って、学校に着いて…というのが毎日毎日続きます。
少しははしょってもいいんじゃ…と思うくらいご丁寧に繰り返されるので、長時間プレイには向かない作品かもしれないですね。
なかなか話が動き出しませんし。スローペースです、かなり。
と思ったら急に動き出したり。掴めません…(笑)

管理人は長時間ガッツリプレイしちゃうので、疲れちゃいましたが。
のんびりプレイするには良い作品ですよ~^^

音楽も雰囲気出てていいですしね~♪
OP曲が大好きです。BGMにも使われていて、これがまた涙を誘うんだ!
号泣ってほどではないですが、自然にポロポロと涙が出てしまう作品ですね。
キャラにもよりますが…とある2名のシナリオでは泣きました。
管理人、めったに泣かないんですけど…ソラユメでは泣かされましたね~。

恋愛面では…甘さ控えめです。でも相手キャラが主人公を想う気持ちは強いです。
ただほとんどのキャラが最初から好意を寄せている(or好意的)ので、なんでここまで主人公が好きなんだ?と少し疑問に思いますね(笑)
惹かれる過程が好きな管理人としては、そこがちょっと残念です。

ですが、謎に満ちたシリアスなシナリオ、ひと夏の儚い思い出…実に好みでした!!
これといった欠点の見つからない、よくできた作品だと思います~。
また是非、こういうタイプの作品も出していただきたいですね♪
PR
管理人の脳内で、フライングで盛り上がってます、ヒイロノカケラ(笑)
まだ発売まで一ヶ月もあるのにー!
私、発売前に期待しすぎた場合、残念な結果に終わることが多いので、フライング燃えは注意が必要なんですけど;

それというのもすべて、こむたん(狐邑怜)のせいだーーー!!(爆)
こむたん…可愛いあだ名ですよね~(笑)
開発者ブログを読んですごく気に入っちゃったので、私も使用してみたり。

ていうか開発者ブログ!すっごく面白いですねぇ~~^^
面白いイラストもたくさん見られるし、貴重な情報満載だし、こんなに面白い開発者ブログは初めてです~。
こむたんはスタッフさんの間でも「可愛い」と評判らしいです♪
やはし浪川さんボイスが反則的に可愛いですもんね!
プロモで初めて聞いたときに、華麗にノックアウトされましたよ…(笑)

こむたんももちろんなんですが、他のキャラもかなり気になっています。
意外に狗谷先輩が二番目に気になっていたり。
いや、だって可愛いから(笑)
今までの緋色にはないキャラクターですよね、ビジュアル的に(笑)

それに、声まで三枚目?だったらありがちだったけど、外見の割りに声が爽やかで素敵。
個人的に、声優さんを変えなかったのは正解だったと思うんですよ~^^
こういう性格のキャラにはこの声優さんって、イメージが定着しちゃっている部分があるので…少し物足りなさを感じていたところだったんです。
声優さんの新境地を開拓した感じでいいですよね。
まぁ実際やってみないことには、成功だったかどうかわかりませんけども。ミスキャストもあるかもしれないし;

それからそれから、主人公の沙弥もいい感じ!
管理人、主人公はおしとやかな子か、個性的な性格の子が好きなんです^^
ワンドオブフォーチュンの主人公とか結構好きですよ。
子供っぽいけど素直で意外に思慮深い子です。

凌さん、鬼崎くん、狗谷先輩という呼び方も謙虚でたまらない。
特に凌さん!幼馴染で同い年なのに!!可愛すぎ。

早くも全キャラのアイコン作りたいですー。
久々に創作意欲が沸々と…!!
こむたん×紗弥アイコンもー!
評判どおりの作業ゲームでした…(苦笑)
システムについての酷評は知っていたんですが、気になっていたエストのシナリオが「切なくて良い」と聞いて、とうとう我慢できなくなってしまいました(笑)
甘甘より切ない方が好きなんですよね~。

で、一週だけ楽しむつもりで全力でプレイしました。
うん。一週だけと割り切っていれば、単調な作業もそれなりに楽しめました。

あれは続けて何週も出来るゲームではない…orz
特にキャラ同士でシナリオの関係性があるわけじゃないから、お目当ての相手を一回やれば十分です…
おかげでエストはコンプリートしたぞー!
ランダム要素が多すぎて苦労したけど…;
メモリス取得がランダムってひどくない?確率低いし!!


さて、まずはネタバレなしの感想を述べますと…
管理人、やっぱりシュミレーションゲームよりアドベンチャーゲームが好きです(爆)
恋愛に関係ない作業はいりません。(いやまぁ関係はあるんだろうけど…)
選択肢だけあればいいよ!パラ上げとかいらん(笑)

そもそもシナリオ重視派にはシュミレーションは向きませんね。
話がぶつ切りになって、どうしても物語性に欠けてしまいますし、作業が多いから必然的にイベントの比重が少なくなります。
その点、アドベンチャーはゲーム性に欠けますが、常にイベントが起きてるみたいな状態なので、話の内容はシュミレーションに比べると濃いですね。

ワンドオブフォーチュンは、システムのもっさり感を抜きにすれば及第点、という印象でした。
特におすすめすべき点もないですが、シナリオも悪くないですし、絵は文句なしに美麗ですし、ボリュームもまぁ…作業を抜くと少ないけど…普通です。

恋愛は…エストしかクリアしてないのでなんともいえませんが、糖度は控えめのようです。
学生同士の初々しい恋愛って感じでしょうか?
確かに皆さんがおっしゃるとおり、ファンディスクが欲しい感じ(笑)
もうちょっと見たいかなーくらいが自分的にはちょうどいいので、ここは問題ありませんでした。

ただやっぱり個人的には…アドベンチャーゲームで出して欲しかったかも(苦笑)
ワンドオブフォーチュン、シナリオ的に魔法学園モノの域を出なかったのがちょっと残念です。
もっと世界設定を掘り下げて、壮大な物語にして欲しかった…と思ってしまうのは、いろいろな物語を見すぎているからでしょうか;
物語性の薄いシュミレーションでは難しいと思うので、アドベンチャーで壮大な物語を見たかったなーと。

エストなんか特に、もっと話を膨らませられそうなのに…
あくまで学園ストーリーって感じで、もったいない感じが…
まぁ、学校という限られた狭い世界の中で繰り広げられるのが学園モノなんですが。

でも魔法学園モノである以上、ハリポタのように、最初は限られた世界でも、ゆくゆくは壮大な物語に発展して行って欲しいと思ってしまうのでした…
普通の学園ものならこんな期待はしないんですけどね(笑)

まだまだ掘り下げられそうな世界設定なので、続きが欲しいかもしれませんね。
今作は物語の序章に過ぎなかった…!とかどうですか。無理?(笑)


では、エストの感想です!
隠しキャラを含め、全員クリアしました~~
け、結構大変だったな…;

隠しキャラが意外に良かったです!かなり驚きだった。いろいろと。

やっぱり全体的なバランスがいい作品ですね。
システム、シナリオ、絵、ボリューム…どれも満足いく出来です。

あえて言うなら、恋愛が何か盛り上がりに欠けたような気がしなくもない。
キャラにもよるけど、甘さはそれなりにあるんですが…

最初から好意的なキャラが多いから、いつ恋愛になったのかわかりにくいかも?
その点、隠しキャラは惹かれあっていく過程が一番描かれていて良かったです。

個人的には、後半の個別ルートより、序盤のギャグ満載の共通ルートの方が好きかも知れない(笑)
恋愛よりも、仲間でわいわいやってるほうが面白いかも、このゲーム(爆)


で、恒例の管理人的ランキングです。

シナリオとして楽しめたのは…

隠し>悟空>八戒>玉龍>悟浄


好きなキャラは…

玉龍>隠し>>悟空>悟浄>八戒

玉龍と隠しキャラが特に好きです~^^
ちょっとこの二人について語らせてください!ネタバレですので気をつけて~
S.Y.Kプレイ中です!
シナリオ、ボリューム、グラフィック、システム…どれもこれといった不満もなく、及第点。バランスがいいです。
間違いなく良作ですね~^^

今までのオトメイト作品に比べると、細かいところまで丁寧に作ってあるなぁという印象です。
今までになく演出にセンスを感じられるし。
なかなかの意欲作ですね…!

オトメイトさんのアドベンチャーゲームというと、シナリオやグラフィックが違うだけで、システムはほぼ同じだし、いろいろ使いまわしな印象が強いですが(笑)、今回はその中にも工夫が感じられました。

毎回OP、アイキャッチ、ED、予告があって、まるでアニメみたいですし(いちいち飛ばすのが面倒ですが;)、SDキャラもよく出てきて可愛いです。

なんといっても、ギャグ要素が強くて笑えます。
個人的には、乙女ゲームとしてよりもお笑いとして楽しめている感じです(笑)


ただ、乙女ゲームとしての出来はまだよくわかりません。
まだ玉龍しかクリアしていないので…

お目当ての玉龍ですが…うーん……
悪くはない。
んだけど…いろいろ腑に落ちませんでした…
PREV   NEXT
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
Powered by 忍者ブログ & [PR]