忍者ブログ
ゲームなどの男女カップリングの話がほとんどです…(笑)
<-  242  241  240  239  238  237  236  235  234  233  232  ->
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

なんか新鮮で楽しいですよ、鳴!
愛され慣れてないオケ恋の主人公なので(笑)、なんか久しぶりに乙女ゲームやってるなって感じ。

あの異常な鈍感さは、まさに乙女ゲームや少女マンガの主人公ですね!(笑)
あれで気づかないって、普通はありえないから…。
鈍くないと話が成り立たないし面白くないと思いつつも、若干、主人公への好感度が下がっちゃったりもしました;
鳴がかわいそすぎて。

主人公への好感度は少し下がりますけど、相手キャラ(鳴)の好感度は高いですよね~鳴シナリオは。
とにかく、一途で健気な鳴が可愛くて仕方ない、そんなシナリオです。
弦シナリオは、主人公が一生懸命で可愛くて、思わず応援したくなるシナリオでしたが。
かなり主人公に感情移入しますね、あれは。

う~ん、攻略探しついでにいろんな日記を読みましたけど、鳴シナリオが一番好きって方、結構いましたね~
確かに、愛されたい、大切にされたいという方には、まさに鳴がぴったりだと思います^^
弦シナリオは…一番好きかどうかはわかりませんが、結構良かったという意見でしたね。
他のキャラと比べるとドラマチックで、恋愛重視らしいです。
まだ弦しかクリアしてないので私にはわからないんですが…他のキャラはそんなに恋愛色強くないのかなぁ?
ま、まぁ確かに久石先輩と奏くんあたりはプロ意識が強いから、自然と音楽関係の話が多そうだし…楽くんはバンドの話が多そう(バレンタインアプリで予想してみた)。

弦シナリオがドラマチックっていうのには、激しく同感です。ていうか昼ドラ?(笑)
特に12話あたりからすごい盛り上がりを見せてましたよねー…。うっとり。
お互い惹かれあってるのに事情があって結ばれないという切なさがもうたまらない。
主人公の名前を呼んだのも、結局あのときだけって言うのも素敵。(最終回は「日野」だった)
とにかく武満先輩がミステリアスだから、続きが気になっちゃって仕方なかったし。
ハラハラドキドキでしたー

でも、「女に流される男は嫌い」という意見にも激しく同意しました(爆)
いや。もちろん武満先輩のこと好きなんですけど。
でもやっぱり、紗弓さんに抱きつかれて、突き放さなかったのはいただけないと思う。
その言い訳が「初恋だったから」は、もっといただけないと思う(苦笑)
まー確かにね、紗弓さんという存在がいなかったら、話がまったく面白くなかったと思います。
むしろ彼女がいたから、いろいろと萌えられる部分もあったわけで。
弦が珍しく女の子の話を私に!?
弦が初めて人の演奏に興味を…!?
弦が初めて私に逆らったーーーっ!?
…というような(笑)
なのにやっぱり、いまだに釈然としないんですよねー。あの路上抱き合い事件は。
百歩譲って、初恋ってのはいいとして、それを抵抗しない理由にするのはちょっとねー。
主人公に抱きつかれたときも、単に流されてただけなんじゃ、と邪推してしまう。(そんなことはないと思うけど)
や、好きなんですよ?弦先輩。これでも(笑)

ま、女関係で悩まされるのは憂鬱だったけど、音楽と私、どっちが大事なのー!?的な問題がなかったのは良かったです、弦先輩。
鳴と弦の二人は、純粋に音楽を奏でるのが好きで、上を目指したいとか言う野心がなさそうなところがいいですね。個人的に。
音くんは未プレイなのでどうなのかわからないけど。どうなんだろ。
他のキャラでは必ず出てくる問題なんだろうなぁ。
才能ある貴公子を好きになってしまった女の悲しい定めか…。
ううーーん、やっぱり女がライバル、よりも、音楽がライバル、のほうが辛い気がしてきたな。
女ならいずれは勝てるが、音楽には勝てる気がしない……(笑)
PR
PREV  HOME  NEXT
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
Powered by 忍者ブログ & [PR]